Bonjour! 🇫🇷家族で生活 ~ France NANTES~

なかなかできない経験の日々を徒然と記すことにしました。

パリ女子2人旅 2

ちょっと観光だけではない話も。。。

 

パリでそういえば、

自分のちょっと話せるようになったフランス語を(大した事ない)

親友の前で活用しちゃうぞって思いながら、

パリの店員さんなどに話しかけたのですが、

どうやら外国人=英語となるようで、いつも英語で返ってきました。

そして私は負けじと?続けてフランス語で返すのですが、店員さんは英語で返し続けるという。。

調子が狂う状況!笑。

しかも面白い事に途中まで気付かない人多い、笑。

たまに途中で、あれ!?あなたフランス語話せるの?って言われて

あ、少しって言うと、なんだ〜と言ってフランス語で話す人も。

あれ〜〜、パリ変わったなぁぁぁ。

昔はなんでもフランス語だったのに。

しかし店員さんは今となっては移民の方も多く、多分三ヶ国とか話せる人

たくさんいるんだろうなぁという印象でした。

なんだか、人に優しくなっている!?パリ。

というか、観光国という事をとっても

意識して頑張っている様子でした。

 

そうだ。1日目にとっても素敵なレストランに行ったんですが(北マレ)

少し、日本語が話せる店員さんで日本語で白ワインという単語などを言ってくれて和ませていただき、ご飯も美味しくて最高だったのですが、さらに素敵な事が。。

お会計も終わり店を出て200mほど進んだところで、道を渡る時に車がうしろから来てないか、確認するため振り返ったんですよ、

そしたらそのソムリエのおじさんが友達の忘れた帽子をふって走って追いかけてきてくれて、Madam!!! Madam!!って。

めちゃくちゃ感動しました。

これパリっぽくない!??????

なんか、ロンドンとかだと追いかけてはこなそうな、東京もそんな人はあまりいない

イメージ、きっととっておいてはくれると思うけど。(気のせいですか?)

と、そんな心温まるシーンでした。

これなんとなくわかる人いませんか?

 

続けて、パリ最後の日ですが、親友をロワシーバスで見送りしたあと、

一人TGVでナントに帰ろうとしたんですが、

なんか駅がすごい人で、、え?となりまして。

みなさん、電光掲示板を見上げてらっしゃる。

どうやら電車が全線動かないよう。。。

パリ、モンパルナス駅から、ボルドー、及び、ナント、レンヌ、西方面の

TGVが出ているのですが、全線ロワール地方の電気系統がおかしくなって

修理していますとのこと!

 

アナウンスがフランス語!(当たり前)いつ何話すかどうなるかわからないので

駅でボケーっと掲示板を見ながら待つしかない状況でした。

どーしよ、もし動かなかったらパリで宿泊するか、ここの駅に泊まるのかな。。。

というドキドキする状況で待つこと1時間半。。。

いきなり、ナント行きが三番線から出ます。

待っていた方はどうぞ乗車してください。

との事!

チョーーーーおっかね〜〜。でもよかっただ〜〜涙。。無事ナントに予定より2時間くらい遅れで到着しました。フランスあるあるなのかな?

今回は一人で若干心細かったわ。

 

しかし、車内で四人掛けだったんですが、前の男性の足を踏んでしまった時に

Pardonと言ったら、小声でPas de problem(問題ありません)と言って

ウインクバチってしてきてなんか、かっこいいとか思ってしまった。何故。。

(フランス人の男性は普通になんかこういうの上手と思う)

 

それと、ちょっと気をつけなきゃいけない話。1日目、夜にお友達と待ち合わせて鴨レストランに行ったのですが、

レストランに行く途中でなぜか、親友のwifiが変になり

GOOGLEMAPがおかしくなったかでGare de Estの近くを通ったのですが、

黒人さんしかいなく、レストランもなんだか怪しく、

フランス語もあまり聞こえてこなく、

イルミネーションも乏しい、。。。

え、やばいぞ、ここは的な通りを歩いてしまったのでめちゃくちゃ怖かったです!!!!!!!

全速力で駆け抜けた。灰。

 

ということで、みなさんも気をつけてください。

 

今回スリには会いませんでしたが、

結構被害にあった方いるみたいですね。

パリはちょっとそういう所は気構えます。

 

旅は奥深い。。。以上、旅の細かなディティールを伝えたかったのですが

ありすぎて書ききれないです。がまた今度。

 

パリ女子2人旅 1

Bonjour!

気がついたらもう12月。

みなさん、お元気ですか?

フランスはクリスマスに向けてデコレーションや、クリスマスマルシェや、

イルミネーションなど浮き足立ってきました。

 

11月後半に、東京に住んでいる親友がフランスに遊びにきてくれました!

二泊、ナントのうちに泊まり、二泊二人でパリに行ってきました!!!

すごい!

パリからナントに来るTGVや、美術館、ショーの予約を私がアプリで事前に

やったのですがパリはさすが観光の国!

とってもアプリが使いやすく、友達にチケットをEチケットなどで送っておけたので

便利でした。

 

さてさて、無事に友達はナントに到着し(22時間くらいかかったそうな)次の日はパリにない海に行こう!ということになり、うちから1時間でいけるpornincと言う港町に行きました。おきまりのガレット、シードル、クレープを食べてお散歩。

寒かったし、バカンスではないので人も少なかったですが綺麗な荒々しい

大西洋をみれました。

帰ってきたら義両親のザ!フランス邸に行き、暖炉の前でお茶をしてシャンパンを

飲むというとてもフランスチックな時間を過ごしました。

で、子供達は義両親のところに泊まり、大人3人で大人の時間をうちで過ごしました〜。

で、次の日は朝からパリ。

ギリギリにTGVに乗り、花の都パリへ。。

本当に花の都、と言うか女子二人パリ、楽しすぎる。。。。

夢の国だった。大人のディズニーランド?笑。

砂糖菓子みたいな甘い街と複雑なフレーバがドバドバとかけられているような。

唯一無二。 前回ロンドン東京に似てると書きましたが、

パリはパリですね!!!

ねぇ!!!私パリなんだからって言わんばかりのパリ主張、パリ臭がすごかったです。

 

とにかく、美術館、アート、食べ物。美が集結していて、でも暗くて

皮肉ってて、わがままで、一筋縄ではいかない。。

パリってなんかすげーなと改めて思いました、、多面性で奥深し。。。

 

二泊三日で行ったところ。北マレ(素敵なお店が集まっているエリア)

美術館(グランパレ、フォンダンションルイヴィトン)

観光地(凱旋門、エッフェルタワー、サクレクール寺院)

ショー(クレイジーホース)

 

まだまだいっぱい素敵なところはあるけど回りきれませんでしたが

親友はとってもフランスを楽しんでくれたようです!

奥深いと同じ事を言っていました。

そしてやっぱり食べ物が美味しくて、胃が満たされると幸せという。。。

歩いては食べ、歩いては食べ。。。体重が恐ろしいが、もう考えない!

 

という事でとにかく楽しかった。。。

天気も良かったです。

f:id:grekoba:20191205011640j:plain

f:id:grekoba:20191205011758j:plain

 

f:id:grekoba:20191205011720j:plain

f:id:grekoba:20191205011650j:plain

 

 

 

フランスで車の免許証

Bonjour !

さて、車の運転がしたいけど、オートマ限定免許しか持ってないのでオートマ車を探していたのですが、旦那さんは超絶車にこだわる人なので買えていません。

しかも、中古車このスペックで、この値段かよーと高いー。確かになんとなく買うの躊躇。

日本安すぎだ!

 

私はマニュアル車はなんとなく嫌で何も練習も出来てないのですが、免許証だけは欲しい!と

きちんとした滞在許可書が出た後に予約を県庁でしました。(5月)その時予約できたのが、来年の二月!移民局で滞在許可書にハンコウを押してもらったのが今年二月!

フランスでは移民局にハンコウ押してもらってから1年以内に海外の免許証を更新しないとなので、ギリギリ!!ってギリギリどころじゃない気がする。。

そして、前のめりにすぐに法定翻訳家の人に免許証を45€払って翻訳してもらったのですが、、、(予約まえ去年12月あたり,何故ならきちんとした移民局のハンコウがいつ呼びだされるかわからなかった為)無駄になりました。

でもめげない!と、、

前の免許証が夏に切れたので一時帰国の時に免許更新をして、2月の予約だしと、余裕かましてましたが、、

先日いきなり、

来年の2月に取っていた県庁の予約がキャンセルされたよーとメールが。。。

え!

どーいうこと!

 

予約長すぎたんだろか、、とか

なんか変な事したのか?とか心配して県庁のHPに行ってみると、10月1日から全ての免許証更新は郵送になりました!って!

えー!!!!!!!!

聞いてない!!!!!

 

でた、何もインフォなし、

いきなりキャンセルメール。郵送になったとか気がつかないわ

 

そして、全ての書類は3か月有効の書類じゃないとダメなので全て作り替える事に。

母にお願いしました。

面倒くさすぎて気持ちが折れる。

書類まち。今ここ。

 

 

フランスのバター売り場

昨日は久しぶりに超大型スーパーAuchanに行ってきました。

フランスでは大型スーパーマルシェといえばモールのようになっていて

洋服や、靴、メガネ、ヘアサロン、化粧品、 スポーツ用品などのブランドも

入っていて(高級ブランドではない、庶民派ブランド)なんでも揃います。

 

大きすぎて時間がかかるため、普通は避けていたのですが久しぶりに行ってみるかという事になり、行ってきました。ちなみに車で10分かかりません。

 

もうクリスマスのデコレーションがされていてあ〜〜もう直ぐNoelじゃないか?

と早いなーなんて考えていたのですが

 

野菜売り場に里芋発見!!!山芋も!!!!さつまいもも!!!

里芋を買いました。Legumes Exotiqueと言うカテゴリーなので量り売りの時

タッチパネルから探すの苦労しました。笑。里芋はExotiqueじゃないよね。

でもフランスではそうなんだ〜〜。

 

ところでいつも驚くのですが、フランスの乳製品の量!量!量!

 

こちらお塩入りバター

f:id:grekoba:20191118050551j:image

 

こちら無塩バター

f:id:grekoba:20191118050655j:image

 

こちらチーズ

f:id:grekoba:20191118050750j:image
f:id:grekoba:20191118050742j:image
f:id:grekoba:20191118050757j:image

 

沢山ありすぎ!

いつも何かっていいのかわからない。

嬉しい悲鳴かな。

 

フランスのお家にお呼ばれ

Bonjour!

 

最近めっきり寒くなりまして、ナントでは一昨日、ちょっと霙のような

ものが降りました。

 

さてさて

先日、フランス人とマリ人のカップルのお家にお呼ばれして

ご飯をいただきました。

あともう1家族来るという事で、フランスでは友達の友達は皆んな友達

という感じでお家に行くと知らない人がたくさんいて、初対面でも

初めまして〜と言って会話が始まります。

最初、何十年も前ですがまだ本当にフランス語がわからなかった時に

これを立て続けに5回くらい旦那にパーティを連れまわされた時には

ちょっと無理かもと思いました。

でも旦那さんのお友達は類は友を呼ぶでとってもいい人たちだったので

私にも英語で話し仕掛けてくれたりして嬉しかったのを

今でも感謝しながら覚えています。

そのあと、日本でも積極的に初めて会う外国人がいたら完璧ではないですが、

話しかけようと思ったキッカケでもありました。

 

でも、今回はやはり住むとローカルな言語は必要なわけでフランス語を必死で

話しましたが、心と頭と口が分断してきて、話が込み入ってくるとわっかんない。

でも、前に英語が出てきたところはもうフランス語になっていて、

ちょっとわかるところとわからないところがあるぞという聞き分けも出来てきて

脳がフランス語脳になっている!!!

ああああ〜、こうなるんだな〜〜〜と思いました。

英語は完全にどっかいった!!!(そんなにできないけど)

 

そうそう、料理は

アフリカ料理だったのですが、カレーのような、シチューのような煮込み

料理をお米にかけていただくのですが、とってもとっても美味しかったです。

ピーナッツのペーストが入っていると言っていました。

すごくちょっとピリ辛でお肉がよく煮込まれていて美味しくて

また食べたいなぁぁ。

 

フランスでは

必ずどこの家庭でも、前菜(アペリティブ)はサロンのようなところで食べ、

メインをいただくテーブルに移り、メインをいただき、デザートみたいな絶対の

流れがありましてさらに、招待してくれた人が全てメニューを考えるため、

こちらの持っていく料理はなし。

でも最近はビュッフェスタイルもよくあるそうです。

デザートもすごく美味しかった!

フランスはレストランが高いし、夜は子供が行くところではないので

大人数で気兼ねなく家にこもってパーティをすることが

とても多いなーと感じます。

そしてそこが社交の場というか、コネクションをここで作るみたいな

そんな感じ。日本だと接待?飲み会?

よくパーティで知り合ったって人多いですよね。

 

そして驚くことに7時半に呼ばれていって、帰ってきたの深夜 2 時!

 普通らしいです。

 

お呼ばれしたお宅には9,6,0歳の子供達がいて、あともう1家族の2歳の子がいて、

うちの息子たち2人の参加だから6人の子供がいたわけですが みんな寝ないで

遊んでいました!うちの次男だけが12時頃から眠い、帰りたいを連発していましたが。

そりゃそうか。

 

今度、前に作った寿司を是非教えてくれ!と頼まれているので

お料理教室でもヤルカァァァ。

 

 

 

バカンス ド ラ トゥッサン:Vacances de la Toussaint in LONDON

語学学校が終わったら、速攻に、

ロンドンに行ってきました〜。4泊5日。

ナントからロンドンまで飛行機で1時間半。

さらにお値段も1人150ユーロと格安easyjetで。

しかもairbnbで宿泊費も抑えられました。

ヨーロッパは安く他の国に旅行ができるのがいいですね。

フランス人はバカンスが多いのでみんないろんなところに

旅行している気がします。

 

ロンドンは都会でした!!!!

フランスの地方都市のさらに郊外に住んでいるので

パリに出てもわ〜〜都会って思ってたけどロンドンはもっと大都市!!!

そして雰囲気が東京にすごく似ている!食べ物も移民文化が発達していて

各国の料理がとってもレベルが高く、街も綺麗でどこにでもTUBE(ロンドンの地下鉄)とロンドンバス(二階建ての赤いバス)でどこでもいけて

ストレスなかった。。。浮浪者も、汚いところもあまりなく、、、

インフラも整っている!とイメージが大変よろしかったです。

フランス、どんだけ。。でもそれとも違う魅力がすごいんだけどね。

 

ロンドンは東京に住んでいた者からするとヨーロッパに来た!すごいって感覚が

すーっと素直にバージョンアップされるんだけど、、、

フランスはそれが斜め上からしたから複雑に構成されていて

違う意味で、ななだここ、なんかすごいわけわからないロジックがパズルのように埋め込まれている感じです。良くも悪くも違いすぎる!

と感じることが多いです。

とりあえず、

一時間半でいける国は言語も、食べ物も、風習も、ファッションも、建物も

全然フランスとは違うって事でとっても刺激的で楽しかったです。

日本からイギリスではなく、日本からフランスに住んで、そして旅行でロンドンに

行ったと言う背景からだと思います。

 

そして公共の移動の電車、バスの作りがすっごい良い!!!!

ボートのダイキャストのフォームも綺麗!!!!

と、密かに継ぎ目、ボルトなどの写真をとっていました。

カラーもおしゃれだし、いいなぁ。

 

それからいろいろな美術館、博物館が素晴らしかった〜〜〜。

子供連れでもとっても楽しめました、企画展以外は無料で出入り自由というところも

なんかゆったりしていて良く。

これからパリのルーブル美術館は入場予約制になるみたいですね。

なんだか残念です。

子供達をルーブルにも連れて行きたいな。。

 

 

 

 

移民語学学校終わった

Bonjour!

みなさん元気ですか?

先々週の金曜日に無事にフランス語学校のテストが終わりました。

大したレベルではないのにガチの文章筆記が沢山出てきてびっくりました。

(フランスでは文章の記述、論述が必須になります)

マークシート式はあまりない。。。

スペル間違いをしまくりましたが、半分取れてれば合格らしく大丈夫だったのですが、

何点満点で自分が何点とかわかりやすくなく、評価がレベルに達しているか達してないかの二評価しかなく、自分がどのくらいのレベルなのかまだよくわかりません。笑

まぁ、そういうもんらしいですね。

フランスって。

意味分かって文章構築できて説明できていれば

良いとのこと。

これは子供の学校でも教え方などに同じような事を感じたことがあり、

求められているものが読解、自分なりの論述をすることが大前提としてあり、

日本との教育方針の違いを非常に感じました。

 

大変だったけどすごい勉強になったな移民学校。

フランス語の知識ではなく国とは?人間とは?私とは?

と、哲学的な事まで考えてしまった気がします。大げさだけど。

 

ところで

最後の日はパーティをしたのですが、強制ではなく持ち寄りでなんかみんなで

持ってくるという事になり、(シリアのムッシューがすごい仕切っていた)

朝早いし凝ったものを作りたくなかったので、ふりかけを混ぜた小さな丸いおにぎりを

沢山作っていたのですが、シリアの人に「これはなんだ?」と聞かれ

「おにぎりです。日本のお米に魚が入ってるよ」と言い、その人「ほぅ、食べてみる」と試食したんですが

お口に合わなかった様子!!!!めっちゃまずそうな顔してて、

全部食べてくれたけど。「うわ、美味しくない」と言われました。

私大爆笑しちゃいましたが、内心は ちっ。味のわからない奴め、日本の米使うんじゃなかったと思いました。

イラク人のマダムも「魚の匂いがダメだ。。。」と

出してました。きゃー。

たまにいます!魚の匂いがきついってふりかけダメな人!というか、シリアやイラク、あまり魚食べないらしい。。。

フランス人とロシア人の人は美味しいよと食べてくれました。

もったいないから残りは持って帰って子供たちがばくばく食べていましたが、

そんなこんなで最後まで文化の違いを堪能し、カオスな感じ終わった学校でした。

みんなにBon chance!と言ってお別れして終了〜〜〜。

とりあえず一区切りです!

 

最後にロシア人のマダムと私で黒板に書いたお祝いを載せておきます。

f:id:grekoba:20191107165118j:image

各国の言葉でおめでとうと書いてあります